台湾で部屋探し

海外で部屋探しは大変そうですよね。そこで今回は台湾で部屋探しの方法や契約時に必要な物を詳しくご紹介いたします。

台湾での主な部屋の探しの方法

台湾の物件サイト「591(不動産紹介サイト)」

主流である「591」で部屋を探す方法
台湾の物件サイト「591(不動産紹介サイト)」で探す。
① 「591」のサイトを開き租屋(部屋を借りる)をクリック。
② 住む場所や部屋の広さ、家賃等の条件を入力、選択。
③ Facebook上にあるルームシェア、部屋貸し出しなどの募集ページで探す。
④ 台湾在住日本人掲示板で探す。

詳細: 591物件サイト

※台湾のほとんどの部屋にはベット、テレビ、クローゼット、机、椅子、冷蔵庫などの家具がついています。
※台湾には主に4つ部屋の種類があります!!!
整層住家 マンション
獨立套房 ワンルームマンション、アパート
分租套房 玄関が共同で幾つかに部屋が分かれる
雅房   個室以外すべて共同

部屋探しの流れ

① 部屋を探し、物件の担当者に連絡
② 内見に行く
③ 部屋を決める
④ 契約する

注意点!!!
※できるだけ2、3日以内に気になる物件すべて内見に行きましょう。
内見のアポがとれても、内見しないうちに別の人に先に決められる場合があるので、短期間で内見へ行き早めに物件を決めましょう。
※アパートにはキッチンがない物件が多いです。
※契約の際交渉すると安くなることもあります。

物件の決め方

・水道代、瓦斯費(ガス代)、網路(インターネット代)、第四台(ケーブルテレビ代)が家賃込みかどうか。(物件の家賃に含まれてる事が多い)。
・電気代の算出方法。1度5元(日本円18.23円 ※2018年4月8日現在)がほとんどです。大家さんによっては5.5元~6元の場合もあるので確認しましょう。
・日当たりはどうか。窓がない部屋だったり、窓が小さく日当たりが悪い部屋もあります。
・物件の周りの環境はどうか。近くにU-bikeや駅、バス停などがあると便利です。また、スーパーや飲食できる店があるかどうかも重要です。
・獨立套房の場合は共同で使用する洗濯機か個人で使用するのか確認しましょう。共同で使用する場合、洗濯一回につき10元~100元かかることがあります。
・契約期間。基本的1年の契約期間の物件が多いです。まれに半年などもあります。契約期間内に契約を打ち切る場合は基本的に押金(敷金)の半分は返ってきません。
・洗濯干し場があるかどうか。ベランダのある家は多くないですが、外に洗
濯物を干せる物件もあります。確認しましょう。
・セキュリティーはどうか。防犯カメラがついてる物件も少なくはないです。また、部屋に部屋に入るまでに鍵(ロック)はいくつあるのか確認しましょう。(私の場合は3つあり普通の鍵➱ロックナンバー入力➱カードキーでようやく部屋にはいれます。)

大家さんと確認すること

・家賃の支払い方法と日にち
・ごみの出し方。ゴミ出し日の曜日と時間を確認しましょう
・郵便物の受け取り方法(他の人と共同の場合が多いです)

契約時に必要なもの

① パスポートとパスポートのコピー。(持っていれば居留証の場合もあります)
② 台湾での連絡先。
③ 押金(敷金)。家賃の2か月分が多い。
④ 一か月目の家賃。
⑤ 台湾人の保証人が必要な場合もある。

プチ情報

こちらがこちらが収集車です。
地域によって異なりますが、週5回ごみ収集車が決まった時間に家の近くの決まった場所に来てくれます。

友達追加

LINE友達追加

LINE友達追加

PAGE TOP