【台湾生活】台湾ってどんな国?

みなさんは、台湾と聞くと、何を思い浮かべますか?

小籠包?

 

マンゴーかき氷?

九份?

どの場所にあるかわかりますか?タイと台湾を間違えている方もいるのではないでしょうか?
台湾は、日本の南西の方角に位置付いています。

言語は、中国語ですが、中国の簡体字と違って、繁体字を使います。
また、親日の方が多く、日本文化が好きで、日本語が話せる人も多くいます。

今回はそんな台湾の地名や気候、言語や食生活についてお伝えしていきます!

台湾の都市

台湾地図

台北

台湾の首都。周りが高い山に囲まれているので、1年中湿度が高く、雨も振りやすくなっています。人口は、新台北市と合わせて700万人。交通は、MRT(地下鉄・電車)が年々発達し、便利になっています。

基隆

古くからの港町で、多くのフェリー、貨物船が止まっています。また、コンテナ量も世界で有数のものとなっています。

新竹

台湾のシリコンバレー。携帯やパソコンなどの電子機器類の工場が集まっており、IT企業も多くみられます。

台中

台湾の真ん中ほどに位置している都市で、人口も多く台湾で3番目に大きい。交通は、主にバスになり不便ですが、観光する場所も多く、台湾人にも人気の都市です。

台南

台湾の古い都と言われる場所で、洗礼された孔子廟があり、美味しい果物や食べ物も多く、一度訪れるとまた次も行きたくなる場所です。

高雄

台湾で2番目に大きな都市で、台湾の南の方に位置しています。

気候

台湾の気候は亜熱帯〜熱帯になります。
一年中湿度が高いので、夏は蒸し暑く、冬は湿度が高く体感温度が下がり暖房がほとんどない為、12月〜2月はコートなどの防寒対策も必要になります。

台湾の祝日

1月 新年。日本では、お正月休みとして1〜2週間ほどの冬休みがありますが、台湾では旧正月の時期に合わせて冬休みがある為、1月の新年時には、31日と1日しか休みになりません。また、1月1日の年越しの際には、101高層ビルにて年越しカウントダウンと共に花火が披露されます。
1月の始めには期末テストがあり、中旬には約1ヶ月の冬休みが始まります。

2月 旧正月/元宵節/ランタンフェスティバル
旧正月の終わりに元宵節という、ぜんざいを食べる習慣のある日があります。中に、ピーナッツやゴマの入ったお餅を家族みんなで食べます。

また、旧正月のころには、台湾各地でランタンフェスティバルが行われています。手作りされた色とりどりのランタンを台湾各地や外国からも見にきたりします。

4月 清明節。先祖を祀る祝日で、家族みんなでお墓参りに行き、掃除をしたりご馳走を作ったりします。

6月 端午節。ドラゴンボートフェスティバルが川辺の方で行われ、粽子というおこわに似たご飯を食べる習慣があります。

9月 中秋節。みんなでお月見をしながらバーベキューをします。この時期は道路の横などで焼肉をしている光景がよく見られます。

10月 國慶節。建国記念日です。

言語

台湾の公用語は、中国語、いわゆる北京語です。しかし、中国の簡体字とは違い、昔からの繁体字を使っています。発音はほどんど変わりませんが、語尾が少し違い、中国のRの発音は台湾ではありません。
北京語の他には、台湾語、客家語などが話されています。台北ではあまり聞けないものの、南部に行くと台湾語での会話が飛び交っています。

通貨

台湾の通貨は、中国とは全く別のもので台湾元を使います。
為替レートによって変動はしますが、1台湾元、約3.7~3.8日本円に換算されます。

食生活

台湾の食生活は、自炊するよりも安い為、基本外食です。種類も豊富で、台湾料理だけでなく、日本、韓国、イタリアン、また東南アジアからの移民が多い為、ベトナムやタイ料理を売っているお店も多く見かけます。お店にはよりますが、基本的には、日本人が好む味付けになっているので、食生活は心配ありません。

日本人に人気な台湾の食べ物
小籠包
牛肉麺
マンゴーかき氷
麻辣火鍋
水餃子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達追加

LINE友達追加

LINE友達追加

PAGE TOP