国立台湾師範大学

今回は、台湾で多元化、国際化を兼ね備えたグローバルな大学といえば!のエリート校紹介をしたいと思います。大学の学部学科、学校周辺や、交通 などを簡単にご紹介!

国立台湾師範大学について

日本植民統治時代、現在師範大学がある土地には主に帝国大学へ進学する学生が学ぶ旧制台北高等学校(1922年(大正11年)創立)があり、第8-9代総統の李登輝らが学びました。また、師範大学の卒業生には学者や女優、歌手、スポーツ選手などがおり多方面で活躍しています。

台湾師範大学は1946年に成立し、設立時の名前は台湾省立師範学院でした。台湾中等教育に携わる優秀な教師陣の育成機関として知られていおり、学生は卒業後教員として任官する義務を有していました。1967年に国立台湾師範大学と改定されました。

1994年に「教師育成法」が公布実施された後、積極的な改革を推し進め、学部学科増設、国際交流の各分野の推進にも引き続き力を入れており、海外からの学生の受け入れも積極的に行なっています。その数は250校以上に及び、中国、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、ポーランド、ルーマニア、オーストリア、日本、韓国、ニュージーランド、オーストラリア等アジアだけではなく、世界中の国々と提携が取れており、台湾の中でも特に国際色豊かな大学と言えます。

2011年7月に公示されたWebometrics世界大学ランキング(Webometrics Ranking of World’s Universities)において、アジア大学ランキング17位、世界大学ランキング176位にランクインという実績もあり、エリート校といえます。また、外国人学生は4000人を超え、多元化、国際化を兼ね備えたグローバルな大学と言えます。また、師範大学の国語教育センター歴史の悠久さのみならず、中国語を第二外国語として学習できる台湾で最大のセンターでもあります。

本部キャンパス(国語教学センター):台北市和平東路1段162号
公館キャンパス:台北市汀州路4段88号
林口キャンパス:新北市林口区仁愛路1段2号

*携帯やスマホなどで見ている場合は、表をスクロールさせてください。

学部学科・研究科

学部は教育、文、理、芸術、音楽、科学技術、管理、運動及びレジャー、国際及び僑教、社会科学の10学部を含む、合計58の学科と大学院があります。現在外国人の入学申請においては49の学科と大学院が受け入れています。

学部と大学院

芸術学院
  • 美術学系
  • デザイン研究所
  • 芸術史研究所
  • 視覚設計学系
  • 文物保存維護研究発展センター
国際と僑教学院
  • 国際人材教育発展研究所
  • 国際漢学研究所
  • ヨーロッパ文化と観光研究所
教育学院
  • 教育学系
  • 教育心理輔導学系
  • 人類発展と家庭教育学系
  • 公民教育と活動領導学系
  • 社会教育学系
  • 特殊教育学系
  • 図書館情報学研究所
  • 教育政策行政研究所
  • 復健諮商研究所
  • 情報教育研究所
管理学院
  • 管理研究所
  • 企業管理学学士学位学程
  • 国際事務と世界戦略研究所
  • 国文学系
  • 英語学系
  • 歴史学系
  • 地理学系
  • 中国語教授学研究所
  • 翻訳研究所
  • 台湾文化言語文学研究所
  • 台湾史研究所
音楽学院
  • 音楽学系
  • 民族音楽研究所
  • 表現芸術研究所
理学院
  • 数学系
  • 物理学系
  • 化学系
  • 生命科学系
  • 地球科学系
  • 情報工学系
  • 科学教育研究所
  • 環境教育研究所
  • 光電テクノロジー研究所
  • 海洋環境テクノロジー研究所
科学技術学院
  • 工業教育学系
  • 科学技術教育學系
  • イメージコミュニケーション学系
  • 機電テクノロジー學系
  • 応用電子テクノロジー研究所
社会科学院
  • 政治学研究所
  • 大衆コミュニケーション研究所
  • 社會工作研究所
運動レジャー学院
  • 体育学系
  • 運動競技系
  • スポーツ研究所
  • 運動レジャー管理研究所
研究と教学センター
  • 国語教学センター
  • 科学教育センター
  • 特殊教育センター
  • 心理と教育測驗研究発展センター
  • 教育研究と評鑑センター
  • 体育研究と発展センター

引用元:国立台湾師範大学

キャンパス

台湾師範大学キャンパスはメインキャンパス、公館キャンパス(理学部)、林口キャンパスの3つがあります。

台電大樓,古亭駅辺りに位置しているメインキャンパスの隣には師大夜市がありご飯屋さんや、洋服、雑貨など色んなお店が入っていて生活しやすい環境となっています。また、分校である公館キャンパス(理学部)へは学校側から無料で提供しているバスに乗って移動することが可能です。メインキャンパス、分校である公館キャンパスの周辺には台湾大学や台湾科技大学などがあり、周りには大学生が溢れており、勉強出来やすい環境となっております。

生活事情

交通

 メインキャンパスへの交通は、MRT(地下鉄・電車)台電大樓駅(3番出口)または古亭駅(4番出口)から歩いて約7〜8分程でいけます。分校である公館キャンパスへはMRT(地下鉄・電車)公館駅(1番出口)から歩いて約10分で行けます。周りには大きなショッピングセンターはないものの、安い食堂のようなお店がたくさんあるので、学生にとってはコスパがよく素敵な環境だと思います。MRT(地下鉄・電車)台電大樓駅、古亭駅公館、駅松山新店lineで繋がっているのでアクセスしやすくなっています。

 

外国人用アクセス

外国人入学

外国人学生入学に携わる国際事務所責任者
連絡先(mail):intlntnu@ntnu.edu.tw
電話:(02)7734-1272、FAX:(02)23625621
師範大学語学センター招生入學相關事宜由國語教學中心負責
連絡先(mail):mtc@mtc.ntnu.edu.tw
電話:(02)7734-5140、FAX:(02)2341-8431

詳細:台湾師範大学語学センター

 

 

LINE友達追加

LINE友達追加

PAGE TOP